2006年11月29日

東葉1000系誕生!【思い出シリーズ】

留置線に変化が無いので、前回の思い出話の続きです。

前回の写真は、1994年9月であったが、今回の写真は、その約一年後の1995年10月21日付けの写真である。
「何じゃこりゃ!?」

古びた屋根は確かにあの5000系の筈。
しかし分散型のクーラーがのってる。

くたびれたステンレスの車体に真新しいラインとドアが入っている。
しかも営団の「子供の夢ぶち壊しドア」には程遠い長い窓のドアだ。

気になる前面はブルーシートで覆われていて、目にすることは出来なかったが、側面を見る限りでは、別にかっこよくも、悪くも、ダサくも何でもなかった。

この車両が新たに開業する「東葉高速鉄道」のものだとは後にわかった。
開業が1996年4月であるから、開業の約半年前。綾瀬に東葉1000系が誕生していた。
SCAN0001.JPG

・・・翌年からついに自分が大人料金の年齢となり、営団地下鉄の旧型車が完全に引退していたこともあって、鉄道から疎くなってしまう。毎年恒例の「夏のスタンプラリー」などで触れる機会も皆無で、今となっては懐かしい東葉高速1000系の誕生時ではあるが、その活躍はほとんど知らない。
そしてたまたま、その最後にも対会う機会を得た。本当に不思議な縁を持った車両だと思う。

(おわり)
posted by pokeo at 23:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 地下鉄の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

1080Fは川崎貨物駅留置【11月26日】

DSC_6403.jpg

写真のとおり、昨夜インドネシア関連で回送された東葉高速鉄道1080Fは川崎貨物駅の小島新田駅側留置線に留置されていました。
以下に川崎貨物駅での留置位置の地図を示します。

↑地図中の左上のボタンを押すことにより、拡大・縮小が可能です。


以下は長くなる詳細版です。
(詳細)
昨夜、25日のレポートのとおり、反射板を付けた1080Fを確認しました。

なじみの深い鉄道車両の動きを追うこと、それが私の鉄スタイルのひとつではありますが、「普段からコツコツと調査・記録する・・・」というよりも、廃車回送や車庫での留置、雪の日といったイレギュラーな場面を追う習性があるようです。

以前書いたとおり、私にとって東葉高速鉄道1000系は、小学生の時に綾瀬車両基地で種車である古びた5000系を目撃し、発見から1年後、改造の終了した同車を同じ場所で目撃するという、何気に縁のある車両でした。
東葉高速線には乗ったことすらありませんが、時は流れ、引退の時期となりました。
今度もたまたま通学路の脇にある深川検車区から反射板を付けて、インドネシアへ行くという縁がありました。

追うしかない。

そう思ったのです。
こんな流れで、今回「川崎市千鳥町 市営埠頭埠頭」および「川崎貨物駅」への遠征を行いました。

午前中から遠征する計画でしたが、いわゆる野暮用が発生。原付で上野を出たのが14:45でした。ここから20kmはある・・・つまり暗くなる前に埠頭へたどり着けるかが問題となってしまいました。

まず一枚目。
千鳥町の市営埠頭の南東端にある千鳥公園から、車の駐車場越しに船積み前の写真が撮れそうな情報を確認していたので、千鳥公園に向かいました。
しかし・・・
DSC_6395.jpg


何もいません。
念のため、埠頭入り口から出来る限り線路を見ながら、終端の千鳥公園までやってきましたが、いません。倉庫の影にいるのでしょうか、とにかく一両も確認できません。
(ちなみに日曜に車両が埠頭に入るのは、確か103系のときも同じで、要は他の物流がお休みなので、倉庫を横切る線路を使うことが出来るという理由だと推測できます。)

2枚目。参上記念写真を撮影。
   ・・・しかし自宅のモニターで確認すると・・!
s-DSC_6394.jpg

わかりますか?
いますよね???!
(写真右端の真ん中をご覧ください。)
自分でもびっくりです。肉眼ではまったく確認できなかったのに!!さすが300mmレンズだなぁと思いました。
この写真は1枚目の後「いないけど、寒い中埠頭まで来た証拠に何枚か撮ろう」とヤケクソで撮った写真だったのです。
いやはや、肉眼で確認できなかった時は、ひどく落胆して千鳥公園の猫と肉まんなんかを食べたのですが・・・。これこそ「猫の恩返し」でしょうか(笑)
動物にはやさしくしましょう(爆)

3枚目。貨物駅に行ってみよう。
s-DSC_6401.jpg

その後、千鳥町の市営埠頭を後にして、京急小島新田駅近くの歩道橋へ行ってみました。
「すでに出航した可能性のが高い」
なんて思っていましたが、何と!川崎貨物駅で奥のほうに確認できました。
紛れも無く東葉1000系がいます!!

4枚目。側道から
DSC_6403.jpg
s-DSC_6405.jpg

この記事の先頭でもお伝えしたとおり、地図の位置に留置されていました。
側道からナンバーも撮影できました。
ナンバーは1088ということですが、確かに編成を崩さずに留置されていたので、埠頭にいた車両は、前回の1090Fの一部でした。

なんとも、苦労はしたけれど、出て来た甲斐があったなぁ、と思ったころには日もすっかり暮れていました。
冷え切った体でしたが、いつかの夏に1000系と103系の走る地で暑い思いをしたいなぁ、なんて考えながら、原付のアクセルを入れて、帰路につきました。

長文にもかかわらず、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
見苦しい部分が多々あるとは思いますが、速報性を重視し、今後適宜修正を行っていきます。
posted by pokeo at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両追跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

明日の甲種関連の情報【11月25日】

明日未明(26日)に予定されている「インドネシア回送」に伴う中野、八王子経由の甲種回送ですが、留置車両に準備などの変化はありませんでした。
(↑25日17:30確認)
(↓25日23時確認)
23時ごろ、長期間留置が続いていた1080Fに反射板が取り付けられているのを確認しました。
今宵の甲種回送、つまり東西線・東葉線系統3例目となるインドネシア回送の当該編成は東陽高速鉄道1000系(1080F)となりました。

ここで東西線・東葉線系統のインドネシア転属に関してまとめをしておきます。

10月15日 5000系(67F)
11月5日  1000系(1090F)
11月26日 1000系(1080F)

→ちなみに、「F」というのは、フォーメーション(Formation=編成)の略字です。
→また、1000系は十の位が編成番号をあらわします。(例:1090F=1000系の9番編成)
posted by pokeo at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

入れ替わる共演者【11月22日】

e-DSC_6355.jpg

5000系66F編成は本日も特に動きはありませんでした。
毎日、入れ替わる共演車。本日は07系と。
posted by pokeo at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

東西線 5000系(66F)離脱確実?【11月20日】

s-DSC_6348.jpg

既報のとおり、5000系(66F)の留置が続いているが、遂に留置後約1週間が経過した。窓を開けて冷房故障灯が点灯している場面なども目撃できたが、微動だにしない同編成である。運用を離脱した可能性が高いと考えられる。
尚、本日から東京メトロ東西線では女性専用車が開始されたが、同編成にはステッカーなどの準備は見られない。

(写真)毎日共演者が変わる側道から。車庫が好きで5000系を撮りたい方には(留置が続けばの話ですが・・・)うってつけの撮影地です。終日逆光気味ですが、午前なら前面には日が当たります。
posted by pokeo at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

5000系、66F離脱か【11月17日】

今週はじめ(11月13日)、5000系5016以下10連(66番編成)が側道から3本目の留置線に留置されているのを確認したが、同編成に動きが見られない。
おそらく07系の運用開始に伴って運用から離脱した可能性が高い。

画像は後ほど掲載します。

66Fが離脱すると、5000系の残りは
●90F(アルミ車)
●59F
の2編成となる。
posted by pokeo at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

07系、問題なく運用に就いている模様【11月14日】

w-NEC_0018.jpg
w-NEC_0017.jpg
2本目の07系(07-004F)をはじめ、ついに運用を開始して1週間経とうとしている07系などを含め、車庫に特に変わりは有りませんでしたが、歴代営団車並びがあと一歩のところだったので撮影してみました。
こういうときに限って携帯カメラなのです・・・。逆光で台無しですね。
07-003Fは「通快 三鷹」などを表示していました。問題なく平日は毎朝運用に就いている模様です。
手前5000系66Fは昨日から動いていない模様。こっちのほうが心配だ。
posted by pokeo at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

観察休止中に運用開始【11月11日】

DSC_6307.JPG
留置線観測、休業中。
もうしばらく休みます。

いくつかの有力な掲示板によれば、有楽町線から転属してきた07系07-003Fは8日から東西線での営業運転を開始した模様です。なお、運用範囲は東京メトロ線内を中心ということで、朝ラッシュ時に限定的に運転されているようです。
ひとつ、観察を続けていて結びつく事例を挙げたいと思います。
写真は11月4日の07-004の先頭ドア付近の写真です。運転台機器と思われる部品が床に置かれ、運転台機器の交換が行われているようでした。今回の運用開始時の目撃情報によると、どうやら機器の交換が行われているということでした。デジタルCS-ATC関連の改造だと思われます。
posted by pokeo at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

東葉1000系誕生前【思い出シリーズ】

940929_2.jpg
940929.jpg

本日は観察をお休みしたので、思い出話を。
先日の東葉1000系がインドネシアへ渡る準備をしているのをみて、ふと、同車のこれまでの動きを振り返り、これからの海を越えた活躍について考えた。

これらの写真は私がフィルムコンパクトカメラを父親に買い与えてもらった頃の写真。
場所は綾瀬車両基地で日付は1994年9月29日となっている。
画像が荒れていて申し訳ないが、原版の5000系もだいぶ荒れている。写真からは5本の5000系が千代田線に混じって留置されていることがわかる。
幼い私はこれを見て何を思ったのだろう。
雑誌で「綾瀬車両基地は営団地下鉄で最大の車両基地である」と読んだことがあったので、東西線の車両も留める余裕がある、と思っていたのだと思う。
ボロボロだったので、物置か何かに使用しているのかな、とも思ったし、「大手町に秘密の連絡線があるに違いない!」とも考えたのを覚えている(実際にはありません!)。
東葉高速鉄道のことなんて全く知らなかったし、周りに詳しい人も居なかった。全く謎のまま、帰路についた。その後もずっとわからなかったが、ファミコンなんかしていたので、すぐに頭の中からは抜けていた。

(「東葉1000系誕生!」へ続く・・・)
posted by pokeo at 03:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 地下鉄の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

07系07-004F、中間車整備完了か【11月5日】

v-DSC_6319.jpg
v-DSC_6316.jpg

本日は07-004Fの中間車がいままでその先頭車やサハ計4両が留置されていた場所で確認できました。
この編成も07-003Fと同様、3号車と8号車が入れ替えられていて、ナンバーは一枚目のように「3」(←もともとは8)の部分だけが青色になっています。
尚、この入れ替えの理由については不明です。
posted by pokeo at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

海外転勤は東葉1000系【11月4日】

DSC_6310_s.JPG
本日も動きがあったので報告させていただきます。
鉄道DJによると「海外(インドネシア)向けメトロ車両の丙種輸送のため、川崎貨物駅まで5日に5000系の甲種回送がある」とされていましたが、今回はどうやら車両に変更があり、東葉高速鉄道1000系09Fが海外転勤する模様です。
同誌によれば東葉2000系新製車の甲種回送が近いうちにあるので、置き換え対象の1000系を離脱、回送するという事運びのようです。
営団5000系は07系改造車による置き換えが計画道半ばですが、まだ営業運転に就いていない点からもうしばらく頑張る形になりそうです。
posted by pokeo at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東西線07系へ・・・帯の張替え中!【11月3日】


v-NEC_0015.jpg

v-NEC_0018.jpg

4連で留置されて久しい07系004Fであるが、本日、帯部分に変化が見られました。4両のうち、中野よりの2両が窓下のみ青帯化が完了していました。
しかしながら、中途半端なところで中断したものですね・・・。


v-DSC_6292.jpg

こちらはおまけ。地下鉄つながりで都営交通局5200型を。本日、「さよなら運転」で地元を走ったので、撮りに行って見ました。ぎりぎりに到着したので、場所が無かったので、こんな構図に・・・。しかし人が多かったです(^^;3連休の威力ですね。
今後、ぎらぎらなステンレス車体(コルゲート)の車両が地下鉄から少なくなっていきますね。

posted by pokeo at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

07系構内試運転【10月31日】

v-DSC_6289.jpg
v-DSC_6281.jpg
v-DSC_6291.jpg
既に青帯となった07-003Fが構内試運転で一番道路よりの線路を往復していた。
ちょうどM車入場中につき留置中の07-004Fと並んだ。

尚、07-004の前面は帯が一部剥がされていた。
さながら営団6000系試作車のようである。

また07-003FのVVVF機器箱が目新しくなっている。新品か?
高加速度車両であるにもかかわらず、4M6Tを組む07系だけにM車にかかる負担が大きく、老朽化が早まったのか、はたまた箱だけ塗装したのか。
posted by pokeo at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事検索
 
pokeo@大宮
-首都圏103系最期の記録-

pokeoの鉄道ニュース


営団地下鉄車両写真集



グリーンマックス 420 営団地下鉄(東京メトロ) 6000(7000・8000)系 4両セット【税込】 GM ...


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。