2006年11月29日

東葉1000系誕生!【思い出シリーズ】

留置線に変化が無いので、前回の思い出話の続きです。

前回の写真は、1994年9月であったが、今回の写真は、その約一年後の1995年10月21日付けの写真である。
「何じゃこりゃ!?」

古びた屋根は確かにあの5000系の筈。
しかし分散型のクーラーがのってる。

くたびれたステンレスの車体に真新しいラインとドアが入っている。
しかも営団の「子供の夢ぶち壊しドア」には程遠い長い窓のドアだ。

気になる前面はブルーシートで覆われていて、目にすることは出来なかったが、側面を見る限りでは、別にかっこよくも、悪くも、ダサくも何でもなかった。

この車両が新たに開業する「東葉高速鉄道」のものだとは後にわかった。
開業が1996年4月であるから、開業の約半年前。綾瀬に東葉1000系が誕生していた。
SCAN0001.JPG

・・・翌年からついに自分が大人料金の年齢となり、営団地下鉄の旧型車が完全に引退していたこともあって、鉄道から疎くなってしまう。毎年恒例の「夏のスタンプラリー」などで触れる機会も皆無で、今となっては懐かしい東葉高速1000系の誕生時ではあるが、その活躍はほとんど知らない。
そしてたまたま、その最後にも対会う機会を得た。本当に不思議な縁を持った車両だと思う。

(おわり)
posted by pokeo at 23:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 地下鉄の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も5000系や1000系が、好きで椅子や電源装置、車内
台車など写真に撮っていましたがこの2種類の形式が東西線内から消えると聞いたときは本当に悲しみましたが、インドネシアで走ると聞いた時は凄く嬉しくなりました。それにエールを送りたくなりました。

最後に皆さんにクイズがあります電車ではないですが、このお名前どの乗り物の種類なのか調べてください。


Posted by 73式小型トラツク旧型 at 2007年08月10日 21:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
記事検索
 
pokeo@大宮
-首都圏103系最期の記録-

pokeoの鉄道ニュース


営団地下鉄車両写真集



グリーンマックス 420 営団地下鉄(東京メトロ) 6000(7000・8000)系 4両セット【税込】 GM ...


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。