2007年01月21日

【番外】元営団車の動き活発【1月21日】

最近、現東京メトロ(旧営団地下鉄)の車両の動きが活発です。

@元日比谷線3000系が長野から帰京を果たしました。
pokeo@大宮では、撮って出しの特設ページを設けましたので、よろしければご覧ください。

■マッコウクジラの帰京
元営団日比谷線3000系、甲種回送行われる!

(↓写真)
v-DSC_6900.jpg

Aお待たせいたしました。元営団5000系である東葉1000系(1060F)の川崎市営埠頭への甲種回送(インドネシア行き)の特設記事を、これまたpokeo@大宮(筆者メインサイト)の特設ページにまとめました。

■東葉1000系甲種回送密着!(by.201sさん)
(↓写真)
v-PICT4396.jpg


去る5000系。
戻ってきた3000系。
3000系、どうするのでしょうか。

恐らく営団ファンも多いこのブログ。
自宅が綾瀬という立地条件にも恵まれていることから、今後の3000系に関するレポートもこちらでも紹介させていただきます。
posted by pokeo at 04:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 地下鉄の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

東葉1000系誕生!【思い出シリーズ】

留置線に変化が無いので、前回の思い出話の続きです。

前回の写真は、1994年9月であったが、今回の写真は、その約一年後の1995年10月21日付けの写真である。
「何じゃこりゃ!?」

古びた屋根は確かにあの5000系の筈。
しかし分散型のクーラーがのってる。

くたびれたステンレスの車体に真新しいラインとドアが入っている。
しかも営団の「子供の夢ぶち壊しドア」には程遠い長い窓のドアだ。

気になる前面はブルーシートで覆われていて、目にすることは出来なかったが、側面を見る限りでは、別にかっこよくも、悪くも、ダサくも何でもなかった。

この車両が新たに開業する「東葉高速鉄道」のものだとは後にわかった。
開業が1996年4月であるから、開業の約半年前。綾瀬に東葉1000系が誕生していた。
SCAN0001.JPG

・・・翌年からついに自分が大人料金の年齢となり、営団地下鉄の旧型車が完全に引退していたこともあって、鉄道から疎くなってしまう。毎年恒例の「夏のスタンプラリー」などで触れる機会も皆無で、今となっては懐かしい東葉高速1000系の誕生時ではあるが、その活躍はほとんど知らない。
そしてたまたま、その最後にも対会う機会を得た。本当に不思議な縁を持った車両だと思う。

(おわり)
posted by pokeo at 23:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 地下鉄の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

東葉1000系誕生前【思い出シリーズ】

940929_2.jpg
940929.jpg

本日は観察をお休みしたので、思い出話を。
先日の東葉1000系がインドネシアへ渡る準備をしているのをみて、ふと、同車のこれまでの動きを振り返り、これからの海を越えた活躍について考えた。

これらの写真は私がフィルムコンパクトカメラを父親に買い与えてもらった頃の写真。
場所は綾瀬車両基地で日付は1994年9月29日となっている。
画像が荒れていて申し訳ないが、原版の5000系もだいぶ荒れている。写真からは5本の5000系が千代田線に混じって留置されていることがわかる。
幼い私はこれを見て何を思ったのだろう。
雑誌で「綾瀬車両基地は営団地下鉄で最大の車両基地である」と読んだことがあったので、東西線の車両も留める余裕がある、と思っていたのだと思う。
ボロボロだったので、物置か何かに使用しているのかな、とも思ったし、「大手町に秘密の連絡線があるに違いない!」とも考えたのを覚えている(実際にはありません!)。
東葉高速鉄道のことなんて全く知らなかったし、周りに詳しい人も居なかった。全く謎のまま、帰路についた。その後もずっとわからなかったが、ファミコンなんかしていたので、すぐに頭の中からは抜けていた。

(「東葉1000系誕生!」へ続く・・・)
posted by pokeo at 03:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 地下鉄の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事検索
 
pokeo@大宮
-首都圏103系最期の記録-

pokeoの鉄道ニュース


営団地下鉄車両写真集



グリーンマックス 420 営団地下鉄(東京メトロ) 6000(7000・8000)系 4両セット【税込】 GM ...


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。